【2020年10月】プラチナVCセラムが 3,000円 ▶ 1,000円

コンシダーマルの次世代型オールインワン・スキンケアがおもしろい!

スキンケアは、オールインワン化粧品を何かしら常備していたいわたし。

肌が弱っているときは、あれこれ重ねずシンプルなケアがしたいし、そうじゃなくても、シンプル・スキンケアを心がけるようになってから肌トラブルも減ったから。

今日は、ちょっとおもしろいオールインワンコスメを発見したので、ご紹介しますね!

それは、 コンシダーマル スキンライズローションです。

1本で、導入液・化粧水・乳液・美容液・クリーム・パックの6役を果たす優れものです。

「次世代型オールインワン化粧品」コンシダーマルの秘密は、特許技術ラメラテクノロジー。ラメラテクノロジーは、世界で注目されている技術です。

なんと、世界40か国で特許を取得したラメラ技術の老舗、皮膚臨床薬理研究所の開発したラメラテクノロジーを採用しています。

ラメラ構造とは、水分と油分がミルフィーユ状に交互に重なり、規則正しく並んだ肌状態のこと。これがイコール、理想的な肌状態を指します。

理想的なだけではなく、ラメラ構造は、紫外線などの外部刺激から肌を守ってくれるという点も頼もしい。

コンシダーマル スキンライズローションは、配合されているスクワラン・セラミド・アミノ酸・ミネラル・コラーゲン・ヒアルロン酸を肌と同じラメラ構造にすることによって、高い浸透力を叶えたスキンケアというわけです!

アンチエイジング対策ができながらも、低刺激処方になっているところもうれしいですね。無香料・無鉱物油・無着色・パラベンフリー・アルコールフリーです。

おもしろいなぁと思ったのは、そのテクスチャー。

プッシュタイプの容器だったので、勝手にジェル状のものを想像していたんですね。

ところが、手にとると、とろみのあるローション状。さらに、肌になじませると、なんとオイルっぽくもある!?

これこそが、油分と水分をブレンドしたラメラらしさでもあるんでしょうね~。

オイルっぽいと言っても、後々手がベタついているわけじゃないんですよ。スッと浸透しつつ、肌表面に薄いオイルのヴェールを張り、守ってくれているかんじ。

効果を検証したく、朝も晩も、真面目にコンシダーマルだけ使ってみました。

ローションタイプのオールインワンだと、1本では物足りなさがあるかも‥‥と不安でしたが、ぜーんぜんそんなことはなくて。

化粧水の後に、うっすらオイルを重ねたような使い心地です。いや、化粧水とオイルの間に少し美容液をはさんだような使い心地と言ったほうが正しいかな。

とにかく、本当にこれ1本でOKです。

朝は、その上に重ねる日焼け止めとも相性が良く、適度なツヤを出してくれるので、肌が健康的に見える。

肌がやわらかくなるので、夜使うとほぐれるような優しさもあります。

わたし、首に日焼け止めを塗ると、肌がゴワつきがちなんですよねー。だけど、コンシダーマルを使っていたら1週間ほどで首の肌がやわらかさを取り戻してきました!

これから蒸し暑い季節が続きます。

スキンケアはなるべくシンプルにしたい。
だけど、しっかり保湿したい。
でもベタつくのはいや。

と、お手入れへの要望も増えますよね。

そんな方にお試しいただきたいのが、コンシダーマルです♪

詳細はこちら▶ 次世代型オールインワン化粧品【コンシダーマル】

タイトルとURLをコピーしました