オルビス ディフェンセラ【レビュー記事】

ミストラルコスメ スキンディレクションとスキンディレクションEXPの違い

ミストラルコスメ スキンディレクションEXPと、スキンディレクションについて書きたいと思います。

「EXPが好きだからスキンディレクションは使わなそう」なんて発言をしていたわたしですが、やっぱり化粧水タイプが使いたくなったので購入してみました。

スポンサーリンク

2つの成分の違い

名前が少しややこしいですが、

スキンディレクションEXP
(60ml 8,000円)
・透明さらさらジェル美容液
・ペプチドが5種配合されているエイジング美容液
スキンディレクション
(155ml 5,400円)
・化粧水タイプ
・スキントレーニング発想のオールインワン美容液
・アクアベルタの進化版

という違いがあります。

2品は、ダブる成分も多いです。

・美白・ニキビ予防・セラミド合成のナイアシンアミド
・細胞賦活のサッカロミセス溶解質エキス
・保湿のヒアルロン酸
・赤外線・紫外線ダメージケアのアルテミアエキス
・ラメラ構造を整えるラフィノース
・常在菌バランス・保湿のキシリトール

などなど。

他にもあるけれど、主なものはこんなかんじ。

ヒアルロン酸+ケイ素=「ヒアルロン酸ジメチルシラノール」という、保湿もエイジングケアもできてしまう成分も、どちらにも配合されています。

それだけ同じ成分で成り立っていて、一体何が違うの?って思いますよね。

答えはペプチドです。

EXPは、スキンディレクションの約半分のペプチド濃度です。そのぶん、EXPには5種類ものペプチドが高濃度で配合されています。

そのため、少しお値段お高めになってしまうのは仕方のないことなんですねー。

スキンディレクションの成分

スキンディレクションの成分はこちら。

スキンディレクションにだけ入っている成分は、

・真皮ケア・エイジングケアのサッカロミセス培養溶解質液
・ヒアルロン酸・保湿のプランクトンエキス
・細胞デトックスの酵母エキス
・セラミド様成分のコメヌカスフィンゴ糖脂質

の4種類です。

というわけで、

2つの違いを再確認したいがために、成分名を羅列してしまいましたが、

スキンディレクションとスキンディレクションEXPは、そのどちらもが肌にとって万能選手です。

2つをどうやって使い分ける?

ミストラルコスメの笹本真理子さんいわく、

・ペプチドで特に効果を感じない人はスキンディレクションで十分

・EXPを続けたいけれど高価だからお財布が痛い‥‥という人は、「EXP少量+スキンディレクションでかさ増し」ケアをするのも良し

とのこと。

かさ増しで2品を使う場合は、EXP→スキンディレクションの順番で。

ジェル→ローション、という使い方は一見逆のような気もしますが、これが正しいです。

スキンディレクションを使った感想

今はなきアクアベルタ同様、スキンディレクションも肌が吸い込まなくなるまでパシャパシャ重ね付けするというのがベストな使い方。

乾燥している肌ほどグングン入っていくので、今の自分の肌の乾燥度を見るバロメーターにもなりますよ。

肌が不安定な時は少ししみることもあるかも。これまたバロメーターですな。目に入ってもしみますので気を付けて。

さて、スキンディレクションのハンドプレスですが、まず、アクアベルタを懐かしむことができます。笑

スキントレーニングというだけあり、使い続けていると肌そのもののトラブルが起きにくくなったり、乾燥を感じにくくなったりします。

スキンディレクションは、以前、EXPと比べて保湿力低いかもと感じたんですけど、重ね付けする回数を増やすほど、日中乾燥しにくくなります。

これからの時期は、さらにセラミドを補うべくリペアオイルを重ねて乾燥肌対策しなくちゃね。

あと、スキンディレクションのほうが美白効果もあるので、EXPより肌色にくすみ抜けを感じやすいかも。

スキンディレクション(公式サイト)
 

肌そのものの水分量をUPしたいならこちら。

タイトルとURLをコピーしました