【2020年10月】プラチナVCセラムが 3,000円 ▶ 1,000円

足裏サラサラにおいゼロ。デトランスα(パースピレックス)

4月になり、着なれないスーツに身を包んだ社会人1年生さんや就活組さんを数多く見かけるようになりました。

わたしが現在働いている所はまさにオフィス街ですので、なおさらそんなフレッシュさん達を目にする機会が多いんですねー。

 
4月1日の朝の公衆トイレで、スーツにトレンチ姿の女の子2人が「あー、緊張するー!」と、初々しさをあふれさせ話していたシーンがよみがえります。かわいいわー。一人マナカナに似てたな。頑張ってと心の中でエールを送りつつ‥‥、
 
「蒸れ」にも気を付けてね!と、自分への戒めも込めて願ってみたり。
 
4月ですもの。春から夏へ向かう扉の季節ですもの。緊張の汗、気温上昇による汗。いろんな汗が沸き出る季節の到来です。
 
みなさーん。
 
蒸れ始めていませんかー?
 
足の裏が!
 

デトランスα手足用

 

 
というわけで、ストッキングにパンプス族のみなさん、靴下に革靴の男性諸君へ。
 
これで足裏の蒸れとニオイから本気で解放されます。本気ですよ本気。
 
Perspirex(パースピレックス)」と書かれた制汗剤。
デトランスα、という名でも知られています。
 
ローションタイプは、足の裏と手の平専用の制汗剤です。
 
脇の下用を先に使い始め、なくてはならない存在となりまして。遅れて使い始めたこちらも、昨年から必需品となりました。
 

デトランスα手足用

 

 
鼻を近づけると、フルーツの香りにツンとするアルコールのにおいが混ざったようなかんじ。足裏なので気になりません。
 
基本的に、夜、お風呂上がりの清潔な足裏に塗って寝ます。足の指の間にもぬりぬり。
 
塗りたては多少ぺたっとします。時間を置けばサラッサラになります。で、通気性のいい靴下を履いて寝ているよ。
 
手の平で塗るから、結局手の平の制汗効果もあるという一石二鳥な一品です。
 
翌朝とにかくサラッサラなので、足裏は洗っても洗わなくても大丈夫です。ボディローション感覚でフットケアに取り入れられる。
 
本当にね、1日中蒸れないんですよ。それだけじゃなく、1日中ストッキング+パンプスで、さあこれでもかと「蒸す環境」をこしらえても、汗をかかない。臭わない。

ただ、多少乾燥が気になるので、夜寝る時ではなく、帰宅後足を洗ってから塗ることもあります。寝る時は尿素配合のクリームなんかで保湿して靴下履いたりね。

どちらにしても効果は確か。

 
先週、20度越えの日がありました。もちろん、前の晩、足裏にまんべんなく塗りました。帰宅後の、サラサラとして臭わない足裏のなんと快適だったことか。
 
心底、感謝の気持ちが沸き上がります。
 

デトランスα手足用

 

 
脇用は、最初は毎日塗って、だんだん間を置くようにしていました。3日に1度、5日に1度、1週間に1度、というように。今では10日に1回ね。
 
でも、ローションタイプは、わたしの場合の話ですが、けっこうランダムに使っている。毎日は塗っていません。週に1度か2度かなぁ。
脇と違い、皮膚の分厚い足裏なので、たっぷり塗っても全然刺激がないところもいいです。
 
そうそう。単なる制汗剤とは全然違う。デンマークでは医療用として用いれられています。汗腺に働きかけ、汗を強力に抑制するんですね。
 
そうなると、抑えつけられた汗の行方が気になるところですが、東京医科歯科大の教授が「汗腺から出られなかった汗は皮膚の角層などに吸収されるので、影響はない」と朝日新聞で公言されている記事があります。
 
実際、使い始めて数年たちますが、汗が出なくなったこと以外、他に体調の変化は何もありません♪
 
早く夏にならないかな。ただでさえ大好きな季節を、サラサラのニオワナイ足裏で快適に過ごします!

お待たせいたしました!ついにデトランスαに手足用が登場!

正規取り扱い店:¥4,800→¥2,900
 
 

 

 
 
 

タイトルとURLをコピーしました