【2020年10月】プラチナVCセラムが 3,000円 ▶ 1,000円

CHICCA メスメリック リップラインスティック 07 レッドワイン

8月17日新発売
CHICCA 2016 Autumu Collection “GLAM POP”

キッカのグラムポップから、2つ購入しました。いずれも新色で、限定色ではありません。色モノは、ほんっとーにリップコスメが好きでして。

アイシャドウやチークを外出先でお直しすることは一切ないわたしにとって、唯一リップだけが「自分に手をかけてあげている」と認識させてくれる色モノコスメなんですよね。

今回は、発売当初はスルーしてしまった「唇ドレスオフ!」というコピーがキャッチーな、 メスメリック リップラインスティックもゲットしましたよ。

新色はこちら「 07 レッドワイン」1色のみです。

ぱっと見、秋らしいカラーながらもトーンが沈むかな‥‥と思ったのですが、タッチアップした瞬間に「これわたしの色だわ!」と。笑

運命的な出会いを果たしたのでした。

キッカのブランドクリエイター、吉川康雄さんが「口紅がいらないほど美しい少女の唇のように、飾りたてていない、生きたままの美しさを目指すこと」をテーマに生み出したのがメスメリック リップラインスティックです。

この先端の形のおかげで、輪郭を軽くとるために細くも使えるし、唇の中みを塗りつぶすために広い面を使うこともできます。軽く輪郭をとり、塗り絵のように塗りつぶすのがコツ。

わたしはまさにその使い方をしています。

繰り出し式のリップライナーとしても使えるというのが便利です♪

くっきりと境目を強調したいリップラインには向かないですが、ボヤけずキツすぎず、という肩の力の抜けたリラックスラインにぴったり。

「なじませライン」とでも言えばいいかな。

ラインなのに、「きっちり」引くことを意識しないでいいから、すごく楽ちん。簡単。

唇の色ムラをさりげなく補正してくれるぼんやり発色と、さっぱり系のリップクリームのような質感も好きです。

まさに塗り絵のようにザザーッと適当に滑らせてもきれいに「染まる」。ぼんやり発色なので、塗り過ぎによる失敗が絶対ない!

そして、限りなくマット寄りなのにパサパサしない適度な保湿力。

自分の唇の質感を変えず、色みだけふわっと整えてくれるような、ごくごくナチュラルな仕上がりです。

リップベースとして使い、上にグロスやシアーな口紅を重ねるのがキッカ的おすすめリップメイク。重ねるカラーがより映えます。

最後にカラーについて。

07番レッドワインは、バイオレットやラズベリーを感じさせる赤ワインのような華やかカラー。だけど派手じゃない。シック。

青み寄りなんですよね。だけど、とことんふんわり色づくから、青み寄りリップが苦手なわたしでも臆せず使えます。

べたっと色づかないので、赤ワイン系カラー初心者さんにもトライしやすいんじゃないかな。

あ、油分多めのしっとり系リップクリームを先に使うと発色しなくなっちゃうので気を付けて。

吉川さんの「まるで生まれつき美しい唇だったかのように魅せる疑似唇」という言葉に「うん!うんうん!!」と深く納得させられた一品です♪ギジクチビル‥‥。上手い。

タイトルとURLをコピーしました