【2020年10月】プラチナVCセラムが 3,000円 ▶ 1,000円

朝の洗顔代わりに、WELEDA(ヴェレダ)の拭き取りローション

朝洗顔をしない日は、ヴェレダ クレンジングローションで、拭き取りを。

快適で肌に優しい使い心地です。

さわやかなシトラス系の香りは、1日の始まりにぴったり。

ヴェレダ クレンジングローションをメイクオフとして使う場合は、2つのアイテムを使用します。

メイクをクレンジングミルクで浮かせ、クレンジングローションをコットンに含ませ拭き取ります。

これは、実際にヴェレダのフェイシャルエステでも行われるステップです。

メイククレンジングとしてではなく、わたしのように朝の拭き取りに使いたい場合は、クレンジングローションのみでOK。

【全成分】
水、エタノール、モスカータバラ葉エキス、ハマメリス水、レモン果汁、香料

成分を見ると、エタノールが多く配合されています。今まで購入を見送ってきたのは、それが一番の要因でして。乾燥するんじゃないかなと思い。

ではなぜ今このタイミングで?となりますよね。答えは単純。

エステを担当してくださった方が、長い間、朝洗顔はせず、ヴェレダのクレンジングローションで拭き取りを続けてきたと話してくれたから。

しかも、彼女のお肌には透明感があり、とても素敵ないい人だったから!肌がザラついている様子も見られませんでした。

こちらは、その素敵なスタッフさんのアドバイスをいただきながら選んだ、ヴェレダたち。クレンジングローション以外も、いずれご紹介しますね。

写真は、惚れ込み中のエレクトーレ。こちら、朝のみ使用しています。

朝の肌状態によって、ヴェレダとエレクトーレを使い分け。

クレンジングローションを1本使い切って感じることは、エタノール配合量が多くても、拭き取り後、すぐに保湿をすれば問題ないということ。

やはり、少し時間を置くと肌が乾燥してきますからね。ツンとした刺激が強くないところは、さすがヴェレダですが。

ハマメリス水で引き締めつつ、コットン使用の拭き取りですので、古い角質をオフしてくれます。さっぱりしつつ、油分を取りすぎないので、安心感あり。

ただ、肌がつるんとする効果は、エレクトーレのほうが感じられます。そこで、厳密ではありませんが、エレクトーレ→エレクトーレ→ヴェレダ、という使い方をしていました。

このランダム感が、ちょうど良かったと思う。

さっぱりしつつ乾燥しない拭き取りローションをお探しの方にお試しいただきたいのが、ヴェレダのクレンジングローションです♪

 

タイトルとURLをコピーしました