【2020年10月】プラチナVCセラムが 3,000円 ▶ 1,000円

NARS コンシーラースティック 1295 マカダミア

NARS コンシーラースティック
全9色¥3,132

NARSのコンシーラーをリピートしました。

手軽に使えるスティックタイプなところと、硬めの質感が気に入っています。

身長9cm足らずなので、ポーチにひっそり収まってくれるスリムコスメです。

カラーは、1295番マカダミアにしました。

こちら、いつ出たのかなー、全9色の中では新しいカラーだそうですよ。

NARSの公式サイトによると、1295番は、「ピーチ系のミディアムトーンの肌色」とのこと。

1295番は、今まで愛用していた1211番「ライト~ミディアムの肌色に合うイエローの色合い」に比べると、わずかに黄みが増し、明るさも上。

わたしがスティックコンシーラーを使用するところは、ほぼ口角だけなんですね。ぼやけを整え、リップメイクのラインを取りやすくするために使用します。

ハイライト使用ではないため、あくまで肌色に溶け込み、目立たない色みが理想です。

そういう意味では、今までの1211番で十分満足。それなのに、他のカラーも試したくなってしまうという。

使用頻度も高くなく、使う箇所もごくごくわずかなので、1本買うと数年もってしまうんですよー。だからこそ、最初の色選びは慎重にいきたいものです。

こちらを見ても、やはり左の1295番のほうが明るさがありますね。

だけど実際に口角に使ってみると、ほとんど差は感じません。しいて言えば、やはり1211番のほうがなじむかな。

朝のメイクでは1211番を、ポーチには1295番を携帯しています。よほど余裕がなければお直しでも使いませんが、お守りコスメとして念のため持ち歩き。

NARS コンシーラースティックは、硬めながら、NARS言うところの「クリーミーなフォーミュラ」のおかげで、カバーしたい箇所に密着してくれます。

「ここ!ここに塗ってますよー!」と主張せず、自分の肌色と境目なくなじんでくれるし、ヨレて色落ちしにくいところも好き。

唇まわりは顔の中でも動きが激しいところですが、顔面のシミや赤みのような皮膚の動きの少ないところなら、触れなければ色落ちすることなく、カバーしてくれるはず。

カウンターでは、色によっては時々”SOLD OUT”表記になっていることもあるNARS コンシーラースティック。

わたしは薬指でポンポンとなじませますが、フランソワ・ナーズのように、フラットコンシーラーブラシを使う手もあり。

サンプルでいただいた、ポア&シャインコントロールプライマーは、毛穴埋めベースコスメ。少量でマットにさらっと整えてくれて、脂浮きも抑えてくれます。

 

タイトルとURLをコピーしました