【2020年10月】プラチナVCセラムが 3,000円 ▶ 1,000円

眉毛サロン ANASTASIA(アナスタシア)を初体験

Today's beauty notes-アナスタシア

先月、眉毛専用サロン ANASTASIA(アナスタシア)へ行って来ました。

数年前、アナスタシアが上陸した時、すごく流行りましたよね。その頃は興味なかったのに、8月になぜか急速に行きたい欲が高まりまして。

わたしの住んでるあたりにはアナスタシアはないので、東京の店舗に予約を入れたんだけど、こちらにもあったの!ネットのバナー広告でたまたま見つけたんですよー。ネット広告あなどれない。それで、申し訳ないけれど東京店はキャンセルして、こちらで行きました。

INFACIOUS(インフェイシャス)というサロンにアナスタシアが入っていました。

インフェイシャスの施術
・アイブロウケア
・まつ毛のエクステ
・ネイル
・顔のシェービング

インフェイシャスは、このようなパーツケアをしてくれるビューティーサロンです。

ちょうど、小鼻の黒ずみケアと眉毛ケアがセットで「まゆ毛ケアのみの価格」というキャンペーンをやっていたので、即決めました。

サロン予約日の2週間前からまゆ毛は一切お手入れしてはいけないとのことなので、多少ボサまゆ子でいなくちゃなりません。

本当は、アナスタシアから帰って来た直後は、「行ってみてものすごく良かったけど、もう行かない」と、思ってた。

・眉毛の整え方
・まゆ周辺の骨格に合ったまゆの形
・左右の眉毛の生え方の違い

などを教えてもらい、勉強になったと素直に思うのね。

だから、初めてまゆ毛サロンなるものに行ってみたけど、正解だったなとつくづく思ったの。

「もう行かない」と思った理由は、

・眉毛を整えるだけで5,250円という価格は、わたし個人の価値観としてはやはり高額
・整え方を教わったんだから、これからは自分ひとりでできるという楽観的考え

という2つの理由から。

それなのに、現在、猛烈に再びアナスタシア(別店舗)を訪れたくてウズウズしてる自分がいます。

なぜかというと、自分で眉のお手入れをするのが怖くなってしまって。これは予想外の結果。

なぜそんなことになったのか?

今日は、実体験をレポートしたいと思います。

Today's beauty notes-アナスタシア

店舗では、まずは待合室というか待合コーナーというかで、名前や住所など個人情報を書かされます。

隣では、ケサランパサランのコスメをどっさり購入された女性が、お店の人と盛り上がっていました。

あ、アナスタシアって、ケサランパサランやカバーマークと同じ会社なんですよね。

Today's beauty notes-アナスタシア

 

Today's beauty notes-アナスタシア

ケサランパサランやカバーマークのコスメも並んでいました。これに関しては一切おすすめされることはありませんでしたよ。

Today's beauty notes-アナスタシア

ブースに移動。こちらで眉毛ケアをしてもらいました。

隣りとの間には、薄くてスケスケなピンクのオーガンジーみたいなカーテン1枚。会話もまる聞こえで、これはちょっと落ち着かなかった

アナスタシアによっては、個室がある店舗もあるんですよね。今度は落ち着ける個室がいいな。

トリートメントの内容は、この日のためにボサボサに生やした眉のいらない箇所を取り除くことから始めます。

両まゆで合計9箇所にワックスを塗られました。

・まゆ上2箇所
・まゆ下2箇所
・まゆとまゆの間1箇所

これで合計9箇所です。

眉ワックス脱毛
①じわっと温かいワックスを乗せられる
②時間を置かずにべりっとはがす

ワックス脱毛の後、今度は手作業で、毛抜きで細かくプチプチいらない毛を抜かれました

これまた早わざでして!痛みを最小限に抑えるようなやり方で、プチプチしてくれます。

アナスタシアと言えば、イモトアヤコのように黒々ぶっとくまゆ毛を描かれる、っていう行程があるものだと思ってたのに、それはされなかった。

あの「イモトアヤコ眉」にされるのって、初期の頃だけだったのかな?それとも、店舗によるのかな?自分の顔見て笑いたかったのでちょっと残念。そういうエンタメ要素があるとおもしろいじゃないですか。写真撮りたかったし。

そして、ひと通り毛を抜いて整えてくれた後、左右どちらの眉に形を統一するか相談が始まります。

眉の形が左右同じ人は、まずいない。

・骨格
・眉の生え方
・見え方(優しそうな眉、キリっとした眉など印象のこと)

などを総合的に見て、どちらに合わせるか決めます。

ここは、プロである担当者さんの言葉に全面的に従いました。

そして、眉の描き方を、ていねいに教えてもらいました。

自分にしか見えないくらいの、ガイドライン(短いうぶ毛)を必要な箇所に残してくれます。

このガイドラインに沿って描けば、自分でもきれいに眉を描くことができるというわけ。

おかげで、自分に合った眉の形や描き方を知ることができて満足です。

さらに、1週間後に訪れた伊勢丹のボビィブラウンとNARSで眉を褒められて大満足!

アーティスト系コスメブランドで褒められるなんてうれしいですよね。人生で眉を褒められたことがなかったので、なおさらうれしかった。

ちなみに、トリートメントからまゆを描くところまで、すべてアナスタシア製品を使用されました。欲しくなったら後で買いに来ようと思って、その日は何も買わず。

アナスタシアは、お店に入ってから出るまで、トータルで1時間くらいだったでしょうか。

Today's beauty notes-アナスタシア
Today's beauty notes-アナスタシア

常連のお客さんだと、3週間から1ヶ月くらいで次回の予約を入れるそう。早い人だと2週間だそう。

眉毛に月に1万円。決してお安くはないと思うんだけど‥‥、だけど、今ならその気持ちがよくわかります。わたしも、また行きたくてたまらなくて困ってる。

ワックスの効果と、プロならではのお手入れのおかげで、「持ち」はすごくいいですよ。

2週間以上、まったくまゆ毛に手を付けなかったけれど、きれいに整ったまま。

3週間くらいたつ頃から、眉毛がボサってきました。

これなら、自宅ケアは一切せず、プロ任せっていうお客さんがいるのも深く納得。またいつか行きまーす。

詳細はこちら▶ アナスタシア

タイトルとURLをコピーしました