【2020年10月】プラチナVCセラムが 3,000円 ▶ 1,000円

DHC リバイタライジング ブースターセラム【新製品発表会】

2015年9月9日新発売

DHC リバイタライジング ブースターセラム
50mL¥3,700(税抜)

DHCから導入美容液が誕生しました。

先日、ありがたいことにこちらの新製品発表会に参加させていただいたので、そのときのお話や製品の使用レポートなどを書きたいと思います。

新作発表会の素敵な演出

会場に入ると、深く透き通った海を思わせるブルーがあちらにもこちらにも。

新製品のパッケージカラーですね。すてきに飾られていました。

そして、見てください!

ウェルカムドリンクはこんなきれいなブルーのハーブティー。もともとブルーは大好きな色ということもあり、口にする前から気持ちがほぐれます。

正直言って、今までDHCの製品でパケ買いするようなものはなかったのですが、今回のリバイタライジング ブースターセラムは高級感がありますよねー。

見るからに、大人の女性がターゲットという印象です。

ブースター美容液の勢いある市場

リバイタライジング ブースターセラムのセミナーでは、そうなのね!とコスメ好きとしては勉強になるお話が盛りだくさん。

数字で示されたので、より説得力が増します。

例えば、今やスキンケアコスメの一員として定着した「ブースターセラム(導入美容液)」ですが、その伸び率はまだまだとどまるところを知らない、というお話。

ブースターセラム市場は、

2011年→160億円
・2014年→225億円

と、年12%の伸び率です。

さらに、ブースター美容液に興味のある消費者を年代別に見ると、

・20代、30代→60%以上
・40代→51.7%
・50代→42.3%
(DHC調べ)

と、かなりの女性が関心を示していることがわかります。

「実感を高めるテクスチャー」への企業努力

今まで世に出てきたブースター美容液に関して、

・なぜ使わないの?
・なぜ使ったことがあるのにやめたの?

という質問に対しては、

・続けられる価格かどうか
・効果実感があるかどうか

この2点が大きなポイントのようでして。

そこで、「実感を高めるテクスチャー」にこだわったのが、DHC リバイタライジング ブースターセラムです。

なんと、開発に5年もかけたとのこと。

1本50mlで、約2ヶ月分。これが、税込みでも4,000円しないなんて、企業努力に拍手です。

まずは、ひとつめの課題である「続けられる価格かとうか」という点をきっちりクリアしています。

DHCが挑戦したのは、単なる「導入」アイテムではなく、「導入+セラム」。

浸透力を高めることに徹底的にこだわり、かつエイジングケアも抜かりなくできるセラム。

使う順序が珍しいブースター美容液

DHC リバイタライジング ブースターセラムは、使う順番がちょっと珍しいです。

ブースター美容液とえば、使うのは洗顔直後と思いますよね?

だけどこちらは、

化粧水

リバイタライジング ブースターセラム

美容液

乳液、クリーム

と、化粧水の後に使うんです。

これは、ブースターセラムは油性のため、化粧水の後のほうが水(化粧水)となじんでより肌の奥まで導いてくれるから、という理由があるから。

油性と言ってもオイリーっぽさは全然なく、使いやすいテクスチャーです。

そうすると、見てください、上のデータを。

ちょっとこの写真だと見づらいですが、

化粧水オンリーの時(左)より、化粧水+ブースターセラムの場合(右)は、1時間後の肌の水分量が約2.5倍もアップ

これぞナノキューブの力。

ナノキューブ
塗布後約15分間角層内部に留まり、有効成分を角層の奥へと届けるトンネルの役割(ブースト効果)をする

DHC リバイタライジング ブースターセラム

いろいろな美肌成分が配合

DHC リバイタライジング ブースターセラムには、他にもいろいろな美肌成分が配合されています。

・エイジングケアと切っても切れない存在で研究が進んでいる「SOD(活性酸素を除去する酵素)水溶液

・「ベビーコラーゲン」と呼ばれるⅢ型コラーゲン‥‥みずみずしさ、弾力

・約800種類の植物素材から選ばれた、高い抗酸化作用を持つ「ヒシエキス

・活性酸素による酸化ストレスの刺激から皮膚を守る「ホワイトジェネピエキス

・リポソーム化セラミド‥‥セラミド1、2、3、5、6Ⅱを含む。保湿、バリア機能アップ

・植物プラセンタ‥‥皮膚の早期老化を防ぐ

・ホホバ油‥‥人間の皮脂に似ていて、肌をやわらかくする

‥‥豪華すぎる内容ですね!

セラミドが5種類も配合されていることも驚き。ゆらぎ肌のときでも使えそうです。

水、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、ジメチコン、異性化糖、ポリアクリル酸Na、フェノキシエタノール、ホホバ種子油、オクチルドデセス-20、グリコーゲン、水添レシチン、スクワラン、シクロペンタシロキサン、トリデセス-6、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、コレステロール、PEG/PPG-18/18ジメチコン、ダイズ胎座エキス、ダイズステロール、アルテミシアウンベリホルミスエキス、クエン酸、クエン酸Na、セラミド2、セラミド6 II、セラミド5、トウビシ果皮エキス、セラミド3、デキストリン、スーパーオキシドジスムターゼ、サクシノイルアテロコラーゲン、ヒアルロン酸Na、セラミド1、水酸化K

会場で実際にトライ

会場のテーブルには、

・リバイタライジング ブースターセラム
DHC薬用マイルドローション(L)
コットン

が置かれていて、手の甲でお試し。

①コットンにローションを含ませ軽くパッティング
②リバイタライジング ブースターセラムを重ね塗り

この2ステップだけで、2時間後、帰宅した時点でも手の甲はしっとりしていました。

乳液もクリームもハンドクリームも塗ってないのにね。

これに味をしめ、贅沢にも、朝だけブースターセラムをハンドクリームの前に手の甲に塗ってます。笑

ハンドクリームの効果がより持続するので、お気に入りの使い方。

リバイタライジング ブースターセラムを1ヶ月使用した感想

リバイタライジング ブースターセラムを顔に使い始めてから、1ヶ月近くたちました。

これ1つで美容液を重ねなくとも十分な効果を感じることができます

化粧水

リバイタライジング ブースターセラム

乳液 or, クリーム or, オイル

といった3点使いで十分です。

こだわりにこだわったというテクスチャー。

白濁したとろみ美容液で、とてもみずみずしい。ベタベタしない。すーっと肌に入って行く。とにかく心地いいったらないです。

化粧水の後に使うでしょ。そうするとまるで化粧水の水分をじゅわっと引き出すような感覚がある。井戸水がぼこぼこっとあふれ出る、みたいな。

この感覚にはまっています。

何度も使っていて感じたのは、ブースターセラムをスキンケアに取り入れた日は肌が乾燥しないということ。

朝、ていねいにひたひたのコットンでパックをしてあげたような肌になります。

シートマスクと似た効果を感じます

前後にどんな化粧品を使っても相性がいいところも拍手。

手持ちのスキンケアに、お手軽に加えることができちゃいます。

まとめ

発表会の後は、美しいブルーを目で楽しみ、小腹を満たし、会場を後にしました。

今回のような発表会はかなり久しぶりのことらしく、DHCとしては珍しいことだそう。

DHCの本気を感じる一品です。

 

\楽天公式ショップ・送料無料/
DHC リバイタライジング ブースターセラム
 

タイトルとURLをコピーしました