【2020年10月】プラチナVCセラムが 3,000円 ▶ 1,000円

Dr.K ケイカクテルVプレミアムクリーム ビタミン濃縮しっとりクリーム

この秋冬は、 Dr.K(ドクターケイ)にお世話になることが多いです。

ビタミンCコスメというと夏のイメージが強いですが、ドクターケイのスキンケアは保湿力があるので、冬でも頼りになります。

ケイコンセントレートオイルと、ケイホワイトミルク(乳液)に続くのは、 ケイカクテルVプレミアムクリームです。冬にうれしいフェイスクリーム。

こちらは、オールアバウトの「通販コスメ 乳液・クリーム部門」で第2位を受賞したクリームです。

ケイカクテルVプレミアムクリームの成分

オイルとミルクの記事でも書きましたが、 ドクターケイと言えば「カクテルビタミン」が代名詞。

カクテルビタミン‥‥
ビタミンC誘導体・ビタミンA誘導体・ビタミンB群・ビタミンE・ビタミンH・ビタミンP

ビタミンのオンパレード!これだけでも、いかにビタミン推しのドクターズコスメブランドなのかということがわかります。

ケイカクテルVプレミアムクリームには、上記6種類にさらに3種類を追加した、全9種類の「カクテルビタミンプレミアム」を配合。

肌の酸化を徹底的に防ぎ(抗酸化作用)、エイジングサインに働きかけます。

保湿力のとても高いクリームなのですが、ビタミンCコスメならではで、吹き出物や毛穴の開きにも作用してくれるところがうれしい一品です。

使ってみた感想

プレミアムクリームも、やっぱりいい香り。ドクターケイの香りは、どれもビタミンCコスメにありがちな鉄くささがなく癒されます

そしてテクスチャーも、「クリームの王道」と言いたくなるこってりタイプ。スパチュラを差し込む段階で、その濃密さは想像ができるほど。

パール粒大1粒分を手のひらに伸ばし、顔になじませる時も、こっくり感は変わりません。だけど、ベタベタして扱いづらいということはないんですね。

みっちりカバーしてくれるのに、仕上がりは、テクスチャーから連想するほど重くはありません。

このカバー力は、単に皮膜を張るだけではなく、日中の乾燥からもお肌を守ってくれます。外気との間にバリアを張ってくれるような安心感あり。

ですから、夜はもちろんのこと、朝も少量を仕込むのが好きです。

あれこれ重ねず、化粧水とこれだけでも十分。そう考えると、案外コスパもいい。

使い続けてみて、さらにすごいと思ったポイント

そして、もうひとつすごいなと思うことがあります。

ふだん、わたしは、ケイカクテルVプレミアムクリームのような濃厚タイプは、同じようなこっくりとした化粧水や美容液とはほぼ組み合わせません。

「こっくり+こっくり」だと、Tゾーンの油分が多いわたしの場合、吹き出物が出てしまうこともあるので。

だけど、恐る恐る「高保湿化粧水+プレミアムクリーム」というこっくり同士を組み合わせてみたところ、全然吹き出物なんて出てこなかったんですよ。保湿力だけかさ増しした感じ。

しかも、これぞ「カクテルビタミンプレミアム」の力なのかしら、肌のキメを引き締めてくれました。

「濃厚なクリームは油分が多い」という先入観を取り払ってくれる貴重な一品です!

詳細はこちら▶ Dr.K ケイカクテルVプレミアムクリーム【公式ショップ】

タイトルとURLをコピーしました