【2020年10月】プラチナVCセラムが 3,000円 ▶ 1,000円

ドクターケイのUVクリームは、毛穴カバー下地にもなる多機能な1本

ドクターケイ

久しぶりのDr.K(ドクターケイ)でテンション上がります。日焼け止めにトライ。

ドクターケイは、青山ヒフ科クリニックの亀山院長プロデュースのドクターズコスメです。

・亀山ドクター = ビタミンC研究の第一人者
・ドクターケイ = 高濃度ビタミンC誘導体コスメのパイオニア

今回ドクターケイと再会したのは、毛穴カバー下地のようなものを探していたため。

結果として、2月24日新発売のケイカクテルUVスキンケアベースにたどり着きました。

わたしが使っていた頃は、ケイエッセンスインベースという商品名でした。この時の毛穴カバー力を覚えていたからこそ、また使いたいと思ったんですねー。

その頃はSPF30・PA++だったのが、SPF30・PA+++になりました♪

ドクターケイ

外箱の内側に商品説明が書かれているよ。プチエコ!

ケイカクテルUVスキンケアベース

・カクテルビタミン美容液‥‥4つのビタミン(水溶性ビタミンC誘導体・油溶性ビタミンC誘導体・ビタミンA・ビタミンE)をカクテル配合

・くすみケア美容液

・毛穴カムフラージュ下地‥‥セラミド、ヒアルロン酸

・日焼け止め(SPF30・PA+++)

1本で4役こなします。

中でも、わたしが一番感じるのは毛穴への効果です。

ドクターケイ

ホイップしたような軽やかな使い心地のクリームです。そこにちょっぴりバターを練り込んだかのようなコクもある。

こう見ると白いですが、なじませると透明になるタイプ。

ポリマー効果で、塗り心地はおもいきりサラサラ。全くベタつきません。

毛穴やキメのデコボコをフラットに整えてくれる。
重ねるファンデが毛穴落ちしません。

肌の上を指がスルスルと滑るのがすごーく快感です。
ムラづきせず、らくらく陶器肌が実現。

まさに毛穴専用下地のようなつけ心地

これを全顔に塗るとなると、気になるのは部分的に乾燥しないかどうかという点です。

だけど、何年も前に使った時より、さりげなく保湿力がアップしたと思う。

おもいきりしっとりするわけではありません。刺激もなく、乾燥もしない、というかんじ。

例えば本日、ドクターケイを全顔ベースに14時間メイクしっぱなしでしたが、カサカサになったりひどく崩れたり、なんてことはなかったです。

この間メイク直しは2回。

しいて言えば少し目元がパサついて見えたかな。でもこれは単純に疲れ目の影響もあるよーな。

あくまでマット仕上げなので、脂浮き防止効果を狙ってTゾーンだけ使うのもひとつの手です。わたしは毛穴用として小鼻周辺にだけ使う日もあります。

肌が疲れないのも助かります。サラサラのポリマー系使用感だからと言って皮膚呼吸を妨げるわけじゃありません。吹き出物もできません。

香りもいいんですよ~。

天然のラベンダー、オレンジピールなどのエッセンシャルオイルが配合されています。かなりの微香性ながら優しくていい香り

ケイカクテルVローションも、テクスチャーも香りも大好きだったな。

ビタミンCコスメと言っても、そこはドクターズコスメ。肌刺激のないよう設計されています。

わたしの中では、日焼け止め効果のある毛穴用下地、という位置付けで、小鼻には毎日、全顔にはサラサラ肌にしたい日に頼ります♪

詳細はこちら▶ ケイスキンバリアUVベース【公式ショップ】

タイトルとURLをコピーしました