【2020年10月】プラチナVCセラムが 3,000円 ▶ 1,000円

資生堂 シンクロスキン グロー クッションコンパクトでふんわりツヤ肌に

あけましておめでとうございますキラキラ
2017年 本年もどうぞよろしくお願いいたします!

新年1つめの記事は、「おめでた感」のある赤いパッケージのこちらにしてみました。

資生堂 シンクロスキン グロー クッションコンパクト

“Introducing Synchro Skin Glow”
「肌とシンクロし、つや感をあやつる」

2016年11月1日に発売された、資生堂のクッションファンデーショです。

この冬の携帯用ファンデは、こちらに決めました。

ひと昔前まで、韓国コスメのイメージが強かったクッションファンデは、今やランコム、ディオール、イヴ・サンローランといった西洋ブランドはじめ、日本でもその人気は広がる一方。

わたしは、ラッキーなことに、最初に試した資生堂の仕上がりが好みでした。

シンクロスキン グロー クッションコンパクトのカラーは全3色です。

左から、

OC10 オークル10(ゴールデン2)
OC20 オークル20(ゴールデン3)
PO20 ピンクオークル20(ニュートラル2)

いずれも、SPF23・PA++。

わたしは、この中の標準色「オークル20」にしました。

クッションにファンデがしみ込んでいる状態で見ると、けっこう濃い色に見えます。

ですが、資生堂のファンデ全般に言えることがあります。それは、実際に肌に乗せると現物の見た目より少し白っぽく色づく、ということ。これは、わたしの肌の場合なのかもしれませんが。

ですので、オークル20は顔色が沈むことなく、肌色に溶け込みキレイに発色してくれます。

ハンペンのようなしっとりタイプのこの手のパフって、肌をこすっているような感じで、今まではあまり得意ではありませんでした。

だけど、使い方次第だなと今回実感。

こすらず軽くポンポンとたたくように使えばいいだけのことなんですよね。こする寸前、肌の上を滑らせる寸前のタッチでポンポンすれば、肌を摩擦することなくカバーできます。

替え用に、クッションコンパクト専用パフは別売のものを追加で購入しています。(1個540円)

ちなみに、本体のお値段は、

・レフィル 4,644円
・ケース 1,296円
合計:5,940円

です。

パフを使用する際の注意点。

専用パフは、あまりクッション部分に押し付けないこと。パフにファンデが付きすぎると、当然肌にも付けすぎることになってしまいます。

厚塗り感の出にくいファンデではありますが、肌に付けすぎることはないと思うので。

それと、コンパクトの厚みが2cmを越えます。クッションファンデという性質上仕方ないけれど、収納するポーチにはそれなりのマチがあったものがいいです。

ビジュアル的に高級感はありませんが、手の平にコロンと乗っかるまあるい形は、長方形より好きだわ。

パウダーファンデの手軽さと、リキッドファンデのカバー力の中間の位置にあるクッションファンデ。

と言ってもやはりリキッド寄りでしょうから、お直し用に携帯するにはどうかな?と最初は思いました。ところが、資生堂のBCさんは、お直し用に強くプッシュしてくれて。

まあ確かに、お粉なしでも大丈夫と言えば大丈夫です。わたしは朝のお出かけ前のメイクの時には必ずお粉は使いますけどね。

シンクロスキングローは、お直しの際に使用すると、小鼻周辺はテカるというかツヤっと感が強く出ます。

だけど最近は、マットに見えるより、顔全体に光を感じさせるベースメイクが好き!

なので、小鼻のテカり兼ツヤもありかなぁ、なんてゆるく考えていますわ。

こちらは、全然粉っぽくなることはないし、小鼻のツヤ?テカリ?以外は本当に理想的です。

「グロー」というだけあって、Uゾーンなんて自然なツヤ感がキープできる。お直しで塗り重ねても厚塗り感も出ませんし、小じわへのみぞ落ちもなし。

たとえ肌が乾燥していたとしても、それを感じさせない仕上がりになるのです!

メイク直しで頬にファンデを重ねることはまずないんですけど、ツヤ欲しさに頬骨の一番高い所にうっすらシンクロスキングローを重ねることもあります。

こんなところにお直しの時ファンデを重ねるなんて今まではなかったことなので、新鮮です。

夕方にもわ~と出没する「なんとなくくすんでる?」という、曖昧な色ムラに対してのカバー力もあります。

肌色が均一にトーンアップするだけではなく、ふわっとやわらかそうに見せてくれる。
光の反射の仕方のせい?

こういう、「仕組みがわからないけど、とにかくいいっ」というところにも、資生堂の技術って隠されているんでしょうね、きっと!

しかも、お直しで塗り重ねるとヨレたり汚い発色になってもおかしくなさそうなものなのに、シンクロスキングローは肌のキメも色もきれいに見せてくれる。

朝のメイクの時より、お直しで使うと、より保湿力ときれいな艶を実感できます。

この冬目指す「ふんわりツヤ肌」を叶えてくれるクッションファンデです。

タイトルとURLをコピーしました