【2020年10月】プラチナVCセラムが 3,000円 ▶ 1,000円

デーケアレボリューションSPF30&SPF50 普段使いの日焼け止め

だんだん湿度を感じる日が増えてきました。

梅雨ですねー。そしてその後は大好きな夏の到来。

紫外線もみるみる強くなっている今日この頃ですが、皆さま、日焼け止めは何を使っているでしょうか?

わたしは普段使いの日焼け止めとして、 資生堂 エリクシール ホワイト デーケアレボリューションをメインで使っています。

SPF30とSPF50の2本を使い分け。

正しい商品名はこちら。

SPF30‥‥デーケアレボリューションC
SPF50‥‥デーケアレボリューションC+

その日の天気や、室内室外どちらの滞在時間が長いかによって、朝、どちらか1本を選んでいます。

デーケアレボリューションC‥‥SPF30・PA++++
デーケアレボリューションC+‥‥SPF50+・PA++++

UV効果は、このくらいの数値なら、どちらも安心です。

2本とも、UV-A(紫外線A波)を防御するPA値が、4段階中いちばん高い4プラスなところがポイント!

ちなみに、製品名の最後に付いている「C」は、エチルビタミンCの「C」。抗酸化成分として配合されています。

なぜデーケアレボリューションにしたかというと、美白効果のあるものが欲しかったから。

わたしの望む「美白」は、肌を真っ白にするのではなく、シミやくすみを寄せ付けないでくれること。

その点、デーケアレボリューションは望む効果が期待できるんですよね。

エリクシール ホワイトにはもちろん、資生堂を代表する美白有効成分成分「m-トラネキサム酸が配合されています。

【m-トラネキサム酸】
メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

それと、汗でメイク崩れしやすい時期は、日焼け止め→下地→ファンデ、という工程から下地を省きたかった。

デーケアレボリューションは下地兼用なので、いいかなと。

他、乾燥による小じわを目立たなくする、という効果もうたっている1本です。

2本の違いは、テクスチャーです。

(左)デーケアレボリューションC(SPF30)‥‥軽やかで乳液寄り
(右)デーケアレボリューションC+(SPF50)‥‥重くはないけれどクリーム寄り

スパチュラ上の液だれ具合いでも、なんとなくテクスチャーの違いがおわかりいただけるかしら。

SPF値が低いほうが肌への負担が少ないイメージがありますが、わたしはどちらを使っても乾燥も刺激もなく快適です。

【塗った直後は】
デーケアレボリューションC(SPF30)‥‥若干スーッとする
デーケアレボリューションC+(SPF50)‥‥若干しっとりする

だけど、最初に書きましたが、その日「どのくらい紫外線に当たる時間が長いか」を想定しながら、どちらを使うか決めています。あとは雨降りかお天気かで。

下地兼用といっても、カラー補正効果はなく、透明に付きます。

ピタリとファンデが密着。

たくさん汗をかかなければ、よれることもありません。たくさん汗をかいてしまうと、落ちやすいかんじはします。

ただ、デーケアレボリューションを塗った後に、少し時間を置かないと口まわりがよれがちなので、そこだけ気を付けてます。まあ、1分か2分置けば十分。

普段使いの日焼け止めとして、また手軽にリピートすると思います。

エリクシール ホワイト デーケアレボリューションT+
Amazon 楽天市場
タイトルとURLをコピーしました