温活のススメ ▶ お気に入りの国産粉末ショウガ

WELEDA ラベンダーのボディオイル

お風呂上がりのマッサージ用に、WEELEDAのラベンダー(LAV)のボディオイルを使っています。

一番は、足マッサージ目的で。ひざから足首までをほぐすのに、やはりオイルは最適です。

途中で乾かないから、始まりから終わりまで自分のタイミングでマッサージができるところがオイルの魅力。

ボディローション(テクスチャーはボディミルクです)もラベンダーです。

先に購入したニーズルヤードと香りをそろえたいなと思っていたのですが、この2本、相性がとてもいいです!

上半身(腕)はニールズ、ウエストから下はヴェレダ。香りがけんかせず、全身ラベンダーの香り漂うリラックスボディに。

ヴェレダのボディオイルは色んな種類を使って来ましたし、こちらのラベンダーも何本目かな?ドイツ産オーガニックならではの成分や香りの心地よさに、繰り返し使いたくなっちゃう。

いくらヴェレダのボディオイルがなじめばベタつかないと言っても、わたしは日中は使いません。なーんか日中はオイルを体に塗る気は起きなくて。夜、お風呂上がりだけです。

日中、スネあたりに乾燥を感じたり、日焼け止めを拭き取った腕が無防備にさらされてるなと感じたら、スプレータイプのミスト化粧水やボディミルクなど軽いものを選びます。

ベースは、アーモンド油とゴマ油。

ラベンダーがしっかり香ります。キリっとしたすっきり感のあるラベンダーで、好きです♪

ラベンダーは心を落ち着かせたり、自律神経を整えたり、催眠作用もあったりというリラックス効果に加え、鎮痛効果もあることで有名な精油です。

これはわたし自身強く実感していまして、低気圧による頭の重み・頭痛や、胃腸の停滞感(便秘というより、なんだか重いような感覚)などの不調にラベンダーが効いてくれるんです。

痛みや重みが、じわじわと軽くなるんですねー。

より効果を得るためのコツは、おもいきり鼻から香りを吸うこと!吸い上げること!

ラベンダーの香りを、塗布+鼻呼吸することで、効果が高まります。

胃腸の停滞時には、おへその周りを「よくなれー」と念じながら、ヴェレダのボディオイルでマッサージしているよ。わたしはお腹の皮膚が乾燥しやすいので、保湿もされるわ停滞感も軽くなるわでホントに助かってる。

寝つきが悪い方は、ラベンダーの催眠作用を取り入れて、夜寝る前にボディマッサージをするのもおすすめですよ~

イギリスのニールズヤードレメディーズ、ドイツのヴェレダ。

ヨーロッパコンビに身も心もほぐされるボディケアです。

タイトルとURLをコピーしました