【2020年10月】プラチナVCセラムが 3,000円 ▶ 1,000円

ジュリーク ローズ ハンドクリーム

久しぶりにジュリークのハンドクリームを使っています。

ジュリークならではのローズの香りが無性にかぎたくなり。笑

ジュリークを代表するアイテムのひとつ、生誕30周年のハンドクリーム。2016年上半期@コスメのベストコスメ大賞を受賞した製品でもあります!

香りは、ローズ、ラベンダー、シトラス、ジャスミンの4種類。中でも、わたしが使用しているローズは一番人気の香りです。

オーガニックコスメブランドらしい、ナチュラル感あふれるパッケージ。

肥沃な土壌を持つ南オーストラリアのアデレードヒルには、植物の生命力を最大限に活かすことができる無農薬有機農法「バイオダイナミック農法」による自社農園があります。

ここで、20年以上前から、丁寧に手摘みされたハーブや花などを厳選してブレンドしています。

キャップに刻印されているのは、ブランドのトレードマーク。手前に「アデレードヒル」の文字が見えます。

以前はアルミのチューブ型でした。アルミの質感が大好きなのですが、プラスチック容器はやはり軽くて携帯するにはいいですねー。

 

ジュリークのハンドクリームは、香りと塗り心地、どちらも大好きです。

フルーティに変身したダマスクローズの香り。甘さを感じさせつつさわやかな軽さを持つ香りです。

チューブから出すたびに、ふわぁっと女性らしい気持ちにさせてくれます。気分のスイッチを入れ替えられます。プンプン濃い香りを放つわけではないので、オフィスでも使えますよ。

塗り心地も良くて♪

塗った時のしっとり感が、ヴェールだけ残して、ベタベタは飛んで行くような!ベタベタが揮発するような、と言ったほうがいいかな。

過度な保湿力ではなく、日常的な作業をする上で適切な保湿力です。

わたしは手の甲中心にけっこうマメに塗り直すんですけど、トイレで手を洗った時なんかに、ハンドクリームのヌメりが残るでしょ。

それもいっしょに洗い流して、拭いて、その後あらためてハンドクリームを塗るわけです。

その、洗い流す時にですね、ジュリークのハンドクリームだと、手の甲がやわらかくなってるの!だから、ハンドクリームを塗った状態が、手の甲パックをしているとも言える!

ハンドクリームを塗るたびにクリームパックができてしまうなんて、贅沢なジュリーク。

タイトルとURLをコピーしました