有名ストアがたくさん▶▶Rakuten Rebates

NARS デュアルインテンシティーアイシャドー 1940 CRESSIDA

ファンデとお粉購入後、別の日にNARS青木リージョナルmake up stylistさんにメイクをしていただきまして。

写真は、メイクに使ってくださったコスメの中から購入したコスメたちです。ブルーが美しいアイシャドウは、すでにサマーが先行発売されている中の、スプリング購入ですけどねー。

今日はその、美しいアイシャドウのご紹介です。

NARS デュアルインテンシティーアイシャドー 1940 CRESSIDA
(シマリングミッドナイトブルー)

クレシダ=トロイの王子の恋人?

ブルーアイメイクに興味はあるけれど、青アイシャドウがどぎついバブルメイクは絶対避けたいという想いを告げたら、こちらのブルーを出してくださいました。

「なんてキレイな青!でもわたしには合わないよねー‥‥」というのが第一印象でした。肌色がイエローベースのわたしには使いこなせる自信がありませんでした。

ところがですねー、さすがNARSさま。さすがリージョナルさま。

1940番クレシダは、懐の深い、奥深いブルーだったのです。

わたしの肌色でも難なくピタリとはまります。というか、肌色を選ばないのでは?

スタイリッシュにもモードにもなるし、オフィスメイクにも使えるという、見た目では想像しにくい万能カラーだったのです。

色持ちもいいんですよ。しっとりした粉質で、時間がたっても色が薄れたりくすんだりしません。

太陽光の下では、このように純粋な深みのある青といった印象。

これが、夜、部屋の証明を少しだけダウンさせると、あくまでブルーを基調にしたネイビーにも見えるのです。薄明るい夜空のような青

濡れたように見えるのは、シルバーのピグメント。ただシルバーと言うには失礼だなと思わせる、涼しさを隠し持つ偏光パールでもあり。偏光パールと言っても玉虫色のようなギラリとした強さはない光り具合でもあって。

上手くまとめられなくてごめんなさい。

そうそう!リンドウの花を思わせるブルーというのがわたしの中では一番しっくりくるかな。ぼかし方によっては青紫をも感じさせる色なの。

単なる青、と一言でまとめられないミステリアスさにぐっときます。

意外なほどに、仕事でも浮かないアイメイクができるのがクレシダです。

目尻だけちょんちょんと乗せたり、目尻少し濃いめで上まぶた半分くらいまでグラデーションでぼかしたり、水溶きでアイライン代わりにしたり。

そう。アイシャドウの水溶きは滅多にしないわたしが、クレシダでは抵抗なくトライしてしまったわ。そのままシンプルに使っても素敵だけど、冒険したいと思わせるカラーなんですよね。

水溶きしても、どぎつい青にはなりません。すーっと細めに引きます。発色はいいのにボテっと色が付きすぎないところが好き。

目尻にしっかりめに乗せても、何もついていないアイシャドウブラシでぼかし、消え入りそうなくらい淡いところまで発色を持っていくのも素敵なんですよ。それでもちゃんと澄んだブルーを感じさせてくれるの。

クレシダのためにネイビーのペンシルアイライナーを買いました。そのラインをクレシダでぼかしたりもします。

この場合、目元がとても存在感を放つので、チークとリップはヌーディーに。

ただ、リップに関しては完全なるヌーディーメイクはわたしには無理ですので(具合悪く見られる悲しさ)、青木さんに教わった、オレンジ系か赤みベージュに艶グロスしっかり、で対応します。

ブルーの目元にオレンジリップというのが最初は不安でしたが、これも色選びさえ間違わなければセクシーヘルシーなのね!ベージュ要素と赤み要素のあるやわらかなオレンジが、わたしの唇の色には合いました。一発で似合う色を選んでくれるなんて、さすがですよね。

濃淡で、ウェット&ドライで、様々な表情を見せてくれる、どんな使い方をしても美しさをキープしてくれる色。

他のコスメについても、なるべく早めにアップしたいと思います。

 

タイトルとURLをコピーしました