毎日使えるコスパの良いシートマスク【レビュー記事】

オイリー肌用でも乾燥しない、ビオデルマ セビウムのクレンジングウォーター

1本は持っておきたい、ウォータータイプのクレンジング

きちんとクレンジングをするのが基本的には好きですが、たまにはちゃちゃっと拭き取って済ませたい時もある。

アイラインやアイメイクがちょこっと歪んだ時に綿棒に含ませてそっと拭き取ったりも。

全顔メイクはそのままに、リップメイクだけオフしたい時なんかにも。

幅広く使います。

リキッドファンデをなじませて汚れた指先を拭き取るのにも使ってます。

スポンサーリンク

ビオデルマは3タイプ

そんな便利なウォータータイプ・クレンジングで、有名どころと言えばBIODERMA(ビオデルマ)ですよね!

ビオデルマを使う場合は、赤いふたの「サンシビオ」をずっと選んで来ました。今回は、「セビウム」にトライ。

ビオデルマ・シリーズには3種類のタイプがあるので、まとめますね。

・敏感肌‥‥サンシビオ
・水分不足の肌‥‥イドラビオ
・皮脂トラブル用(オイリー肌~混合肌用)‥‥セビウム

お値段は、定価で、

・100mL¥1,200
・250mL¥2,800

と、大変リーズナブルなビオデルマ。

おかげでバシャバシャ思う存分使えて快適です。

コットンひたひた。コットンは現在シャネルを使用中。

コットンは濡れるとどうしても硬くなっちゃいますが、たっぷり水分を含ませることで少しでも回避しているつもり。

皮脂をサラサラに保ってくれる成分配合

わたしは、「皮脂トラブル」というカテゴリに属するほど油田肌なわけじゃあありません。乾燥肌の部類。

ただ、小鼻がねー、多少アブラっぽい。ちょこっとアゴとか、額とかね。Tゾーン。

そこで、毛穴引き締め効果も多少期待できるかも?と選んだセビウム。皮脂用だなんて言われると、毛穴詰まりもスッキリさせてくれそうって思うじゃないですかー。

マスカラもオフできます。わたしはぜったいに専用クレンジングを使う派ですが。

皮脂→酸化→粘度アップ→毛穴詰まり・ニキビ

この問題点を解決すべく配合されているのが「Fluidactiv(フリュイダクティブ)」という成分です。

これはイチョウエキスとマンニトールをブレンドしたもので、セビウム製品全てに配合。皮脂をサラサラに保つ効果あり。

確かに、シリコンのサラサラ感触とは全然違う、素肌そのものようなサラっと感があります。

・アルコールフリー
・オイルフリー
・防腐剤無添加
・弱酸性
・着色料フリー
・パッチテスト済み
・ノンコメドジェニックテスト済み

皮脂タイプなのに乾燥しない!

ボトルも中みも、見た目がさわやかですよね。

中みの化粧水がブルーですが、これは配合成分の色です。

香料はちょこっと入っています。甘さ控えめのメロンキャンディーを思わせる微香性タイプ。好きな香りです。

かなりさっぱり仕上げかと予想していましたが、そんなことはなく、拭き取った直後、つっぱりません。

全顔いける。

期待していた毛穴引き締め効果もなかなかあるような感じ

キュッと引き締めるのではなく、ちょっとした毛穴詰まりをオフしてくれることにより自然と閉じるようなイメージ。

拭き取った後に乾燥を感じないことが何よりうれしいです。

肌への優しさに関しては、サンシビオとの違いがよくわからないくらい。成分数は断然サンシビオのほうが少ない分、肌への負担も少なそうではある。

皮脂がたくさん出がちな夏にも、活躍してもらいます!

ビオデルマ セビウム エイチツーオー【公式ショップ】

 

タイトルとURLをコピーしました