【2020年10月】プラチナVCセラムが 3,000円 ▶ 1,000円

シャネル ルージュココシャイン #42ビアリッツ【2011年夏】

Today's beauty notes-シャネル ルージュココシャイン #42ビアリッツ

今年4月に発売されたルージュココシャイン

やっぱりシャネルコスメだけあり、すごい人気ですね。

美容雑誌でのランキング上位はもちろん、@コスメの上半期ベストコスメでは、口紅部門第1位。

発売第1段のココシャイン20色には、マドモアゼル・シャネルのストーリーがそれぞれ秘められていて、それぞれを読むと物語のようで素敵すぎます。

わたしが1色目に選んだのは、ルージュココシャイン #42ビアリッツ。アンバーベージュ。

#42 ビアリッツ
ココ・シャネルが、初期の成功を確立させた2つめのブティックを開いたリゾート地「ビアリッツ」をイメージした色

今回、シャネルを訪れるとき、心に決めていたことが3つあります。

・口紅を買う
・ココシャインにする
・ヌーディーなベージュ系のカラーにする

ここまで決めて足を運んだので、あまり迷うことなくカラーをチョイスできるだろうなと思っていたのですが・・・、わたしが思うヌーディー・ベージュが、ココシャインにはなかったのね。残念。

BAさんは、#41キャノティエと#42ビアリッツを提案してくれました。確かにざーっと見てもヌード系ベージュはこの2色だった。

#41キャノティエはライトベージュ。限りなくベージュなところはいいんだけど、パールがシルバーだったので断念。

過去にもブログに書いたことがあるけれど、白っぽい光を放つシルバー系パール配合の口紅やグロスは避けます。わたしには合わないから。

パール配合なら、ゴールドがベスト。

で、#42ビアリッツはゴールドパールだったというわけです。

やっぱりライトオークル肌のわたしにはゴールドパールがしっくりくるわ。

Today's beauty notes-シャネル ルージュココシャイン #42ビアリッツ

パールの粒はめちゃくちゃ小さく、唇の上でチカチカ光りすぎないところが好きです。

ココシャインは、理想どおり、しっとり濡れたような自然な光り方

見た目のしっとりさだけではなく、シャネル独自の保湿成分で実際しっとりした使い心地です。くちびる荒れないのがうれしいです。

ルージュココやルージュアリュールより少し小ぶりで少し細身のデザインもとっても好き。

と、ここまでは良かったのですが、最後まで色で迷いました。

「超」が付くほどヌーディーなベージュを探していたわたし。

だけど、ビアリッツは温かな赤みが出るタイプ。ココシャインには、超ヌーディーカラーは残念ながらなし。

んんんと迷いつつ、ナチュラルに血色を良く見せてくれるタイプには違いないし、好きな色みには違いないので、ビアリッツを購入することに。

結局やっぱり買って良かった♪気張らず使えるカラーなので、大活躍。

するする伸びる質感も好きで、リップライナーを引いたあと、直接くちびるに乗せて使っています。

シアーな発色なので、くちびるの色が少し透けます。そのヒトの元のくちびるの色によって、だいぶ発色も変わってきそう。

持ちは良くないけど、選んだ色がもともとくちびるになじみやすいナチュラルなものだから、色落ちしても気付きにくいんですよね。と言ってももちろん塗り直すけど。

くっきり色出ししたい場合には向きません。
ささっとカジュアルに用いるのがぴったり。

Today's beauty notes-シャネル ルージュココシャイン #42ビアリッツ

この時、店内を飾るビジュアルに目が行き、そのモデルさんのリップがすごく気になり試させてもらいました。

それはルージュアリュール#81アンスシヤント。

これがどんぴしゃ!求めていたヌーディー・ベージュだったのです。というわけでこちらも購入しました。

阪急百貨店公式通販 HANKYU BEAUTY ONLINE
タイトルとURLをコピーしました