【2020年10月】プラチナVCセラムが 3,000円 ▶ 1,000円

プラセンリッチの美肌サプリメント

プラセンリッチの美肌サプリメント

昨年飲んだプラセンリッチの美容ドリンクが好きでした。そのとき、気になっていたサプリバージョンを先月1袋飲んでみたよ。

1月半ばから月末にかけてちょうど2週間毎晩飲み続けました。あえて2週間以上たってからレポートするのは、飲んでいた時と飲んでいない時の「差」を比べてみたかったから。

サプリメントは効果が出るまで1ヶ月以上、半年かかる場合もあると言われています。だからそれほど差は感じられないかもな‥‥と予想していたのですが、とんでもない!
くっきり効果が出ました。

やっぱりわたしの場合、プラセンリッチってドリンクもサプリも効果出やすい体質、いや、肌質なんだわ~。

プラセンリッチの美肌サプリメント

ドリンクタイプ同様、サプリタイプも、マリンプラセンタをたっぷり配合しています。

1粒あたり摂取できるマリンプラセンタの量は、5,000mg(抽出エキス換算)!

天然国産鮭(北海道産)だけを使った純度100%のものを使用しています。

いろいろなプラセンタがありますが
マリンプラセンタ>馬プラセンタ>豚プラセンタ
という順で、アミノ酸量が豊富です。

・低分子化されていて吸収率が良い
・海洋性プラセンタの中で美容特許を取得しているのはマリンプラセンタのみ(肌荒れ改良剤の特許、IGF-1値上昇剤の特許、加速度脈波加齢指数上昇剤の特許)
・安全性試験済み(抗生物質・農薬・貴金属・ダイオキシン・PCB残留検査済み安全性、単回経口投与毒性試験、復帰突然変異試験)
・31種の栄養成分(アミノ酸、ミネラル、ビタミン、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、コンドロイチン硫酸、核酸などなど)

ローヤルゼリー、高麗人参、燕の巣、レスベラトロールなど、高価で豪華な成分が並んでいるところもうれしい。

プラセンリッチのマリンプラセンタは、繊維芽細胞の活性作用により、肌に最も多く存在するⅠ型コラーゲン生成促進の検証結果が発表されているという点も注目に値します。

プラセンリッチの美肌サプリメント

プラセンリッチは小さなカプセルタイプで、のどにつかえることなく飲み込めます。
1日の摂取目安量は、1~4粒。1袋30粒入りです。

商品と同梱されていた説明書に「まずは実感して頂くために1日4粒で、是非お試しください!」と書かれていたのですが、いつもそういうものは後になってから読むタイプなわたし‥‥。

夜寝る前に1日2粒。

これを2週間(正確に言うと15日間ですね)続けてみました。

プラセンリッチの美肌サプリメント

「口から摂る美容アイテム」って、同じブランドからドリンクとサプリが出ていることが多いですよね。

たいていドリンクのほうがお値段もお高い。そのぶん吸収力も良い。そのため、デイリーにはサプリ、週イチや特別な時だけドリンク、という摂取法が一般に推奨されているかと思います。

プラセンリッチも、サプリメントよりドリンクのほうがさぞかし効果が高いんだろうなぁ、と想像しながら飲んでみたところ、裏切られました、良い意味で。

今回のサプリでも効果を実感できました。

なんと言っても日々メイク乗りがいい。

メイク乗りがいいということは、肌の状態がいいということ。

・Uゾーンが乾燥しない
・Tゾーンの皮脂分泌が過剰ではない
・夕方以降もくすまない

プラセンリッチが、そんな状態に自然と持って行ってくれていたのです。

なぜそう言い切れるかというと、プラセンリッチを飲み終えて2週間‥‥、大きな肌トラブルはないものの、手を出すベースメイクがどれもこれもイマイチしっくりこないから。気分上がりません‥‥。

これは、ベースメイクコスメが悪いわけじゃないのね。肌が「なーんだかなぁ」という状態だからなのね。

同じベースメイクコスメをプラセンリッチを飲んでいる最中も使っていたけど、その時は「ベースきれい!崩れない!」とそれはもうウキウキだったのに。

プラセンリッチ摂取時は、あきらかに肌にハリがあるなと感じたし、カサカサ度もぐーんと低かった。これはファンデの乗り具合で一目瞭然だよね。

美容液のようなサプリメントだなと強く感じました。

即効性はやはりドリンクのほうが上でした。ドリンクの場合、体調が良いと感じるところも魅力。

だから、普段飲むならサプリで、スペシャルな時だけドリンク、というように併用するのが理想だな。

詳細はこちら▶ プラセンリッチ 美容カプセル(サプリメント)30粒入

タイトルとURLをコピーしました