【2020年10月】プラチナVCセラムが 3,000円 ▶ 1,000円

美容液のような乳液。Dr.K ケイパーフェクトモイスチャーミルク

惚れてしまったDr.K(ドクターケイ)ケイコンセントレートオイル

青山ヒフ科クリニックの亀山ドクターがプロデュースするドクターズコスメです。

スキンケアの最後の締めオイルとして使っていましたが、現在は湯船に浸かりながらのマッサージオイルとして。

お風呂上がりに洗い流すのはもったいないので、蒸しタオルを当てて浸透させ、軽く拭き取ります。
そして、お風呂上がりにケイパーフェクトモイスチャーミルクを重ね、最後にアイケアをします。

たったこれだけのシンプルケア。しっかりとビタミンを与えながら保湿もしたい日は、「ドクターケイの日」と決めています。

ドクターケイにはクリームもありますが、オイルの上に重ねるなら乳液でも十分です。

ドクターケイと言えば、ビタミンこそが肌をつくるという考えのもと、ビタミンC誘導体・ビタミンA誘導体・ビタミンB群・ビタミンE・ビタミンH・ビタミンPという「カクテルビタミン」成分が有名です。

ですが、ケイパーフェクトモイスチャーミルクが目を引くのは、カクテルビタミンに加え、ケイ素が高配合されているというところ。

ケイ素=シリカ、ですね。ケイ素を補給できるミネラルウォーターを飲んでいるわたしにとっては実に魅力的。内から外からケイ素を補えるとは!

ケイ素は肌のコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸に働きかけてくれます。このことにより、肌の弾力やハリ、毛穴の引き締めへとつながるのですね。

ケイパーフェクトモイスチャーミルクのウェブサイトのページに書かれていたのですが、ケイ素は「もうひとつの炭酸美容」ともいえる栄養素なんですって。

めぐりを良くすることで、血色のいい肌へ導いてくれます。

肌の表面温度が下がりやすい今の季節、温め美容(=温活)にももってこい。

ケイパーフェクトモイスチャーミルクは、みずみずしく軽やかなテクスチャーの乳液です。なじんだ後はすぐにサラッとしてベタつきません。

このサラッと感が、高保湿力を求める方には少し物足りないかも。だけど、わたしのようにオイルと組み合わせたり、しっとりタイプの化粧水や美容液に重ねるなら、ちょうどいいと思います。

ケイパーフェクトモイスチャーミルクを使っていると、吹き出物ができにくくなるなぁと感じました。

このところ目立った吹き出物はできにく肌にはなっているものの、体調や食べ物によってはその予兆が見られることもありまして。

肌をよく見ると、ふつふつっと小さく盛り上がっているんですねー。これ、放置しているとちょっと赤みを帯びて吹き出物に進化するのね。

だけど、ケイパーフェクトモイスチャーミルクでうっすらヴェールをかけ、ハンドプレスで温めてなじませるだけで、気が付くと肌の凹凸が消えています

医薬品でも医薬部外品でもないんですけど、こういうことが起こると、ドクターズコスメってこういうことなのかも、とその威力を感じますねー。

そして、ビタミンCならではで、肌から余分な皮脂が出にくくなります。

テカりやすいTゾーンのメイク崩れがしにくくなります。

乳液でここまでしてくれるの!?というのが正直な感想。美容液みたい。

そうそう、もちろんこちらのミルクも、ドクターケイらしい上品でちょっぴり甘くジューシーな香りです。

ドクターケイの日焼け止め下地(ケイカクテルUVスキンケアベース)もこんな香りなのよね。

わたしはこの香りが大好きなので、「ドクターケイの日」は精神的にも充実感あり♪

プッシュタイプの容器なので、使いやすいです。これね、どぴゅっと出てこないの。

うまく説明しづらいのですが、プッシュする時に少し重みがかかるように設計されているというか。わずかながら程よい圧がかかるので、飛び出すように出てきません。ポタっと落ちるように出てきます。

おかげで、出し過ぎたり、使い過ぎることがありません。

出し過ぎる傾向があるわたしにとって、この容器のつくりはうれしいです。よく考えられているな~。

ドクターケイは、肌にはやっぱりビタミンよね!という方や、ビタミン+ケイ素というハリ実感ケアをしたい方におすすめです。

詳細はこちら▶ Dr.K ケイホワイトミルク【公式ショップ】
(2020年6月現在、ドクターケイの乳液はこちらに一本化されています)

 

タイトルとURLをコピーしました