髪の広がりに、uka(ウカ)ヘアオイル「レイニーウォーク」

卒業証書収納ケースを思わせる筒状パッケージの、uka(ウカ)ヘアオイル Rainy Walk(レイニーウォーク)

ukaのヘアオイルは3種類ありまして、これで2種類目です。

1本目は、Windy Lady(ウィンディレディ)でした。

レイニーウォークは、雨が降ると髪が「うねる・広がる・ハネる」人のためのヘアオイル。

というわけで、わたし用としか言いようがないわ。

特に、髪の広がりに効果を感じました!

スポンサーリンク

ukaの3種類のヘアオイル

まずは、ukaの3種類のヘアオイルの復習から。

Windy Lady(ウィンディーレディ)】(ヘアオイル)
・傷んだ髪のケア
・強風や乾燥による髪のパサつき・静電気防止
Rainy Walk(レイニーウォーク)】(ヘアオイル)
・傷んだ髪のケア
・湿気による髪のうねりや広がりを抑える
On the Beach(オンザビーチ)】(ヘアオイルミスト)
・2層式で、髪に油分と水分をバランスよく補給
・紫外線ダメージから髪を守る

かなりざっくりまとめましたが、髪の状態によって使い分けられるようになっています。

2本持ち、3本持ちして、日によって使い分けてもいいんですよー、と店員さんに以前教わりました。

そして、すべてのヘアオイル、ヘアミストに次の3つの成分が配合されています。

・アサイーオイル
・モリンガオイル
・ガンマドコサラクトン(γ-ドコサラクトン)

ガンマドコサラクトン‥‥。なんだか激しい名前だな。

これね、なかなかすごい成分なんですよ。

毛髪に熱を与えることにより、キューティクルを補修し、うねり・絡まりなどの髪悩みを改善してくれるんです。

uka レイニーウォークの使用感を口コミ

レイニーウォークは、軽いとろみのあるオイルです。

使用感は、手の平に取り塗布すると、サラッサラ。髪の広がりが落ち着きます

成分を見ると、皮膜力が低いライトな質感の「シクロペンタシロキサン」の配合量が、やや皮膜力が高めの「ジメチコン」より多めに配合されています。

だから、べたっとしないサラサラ感が実現するのかな。

レイニーウォークをタオルドライ後の髪に付け、ドライヤーをかけると、髪にツヤが出てしっとりまとまります

しっとり加減が、重くなくて好きです。

自分の髪の毛がもともと乾燥していないかのような、ごくごく自然なしっとり感。

わたしの髪には、ウィンディー・レディーよりレイニーウォークのほうが合っているみたいです。

レイニーウォークは、広がり、パサつき、どちらも抑えてくれます

ヘアワックスに1プッシュ足すのも、発見した裏技。

固めのワックスにレイニーウォークを加えると、ほど良くゆるんで扱いやすくなるんですよ。

そして、ukaの最大の楽しみといえば、香りですよね!

レイニーウォークは、レモン、ユーカリ、ミントといったさわやかブレンドなのですが、「なぜこうなった!?」という個性あり。

一筋縄ではいかないところが、さすがuka。笑

たぶん、アサイーやモリンガ、ワサビノキ、アルガンオイル(アルガニアスピノサ核油)など、ベースのオイルの影響もあるのでしょうね。

レモンの皮の渋みをちょっぴり感じさせる、「オトナ・リフレッシュ感」を楽しめます。

お気に入りのukaのヘアケアアイテムたちです。

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました