【2020年10月】プラチナVCセラムが 3,000円 ▶ 1,000円

スマホがすぐに触れる、ドクターハウシュカのさらさらハンドクリーム

ドイツのオーガニックコスメ、 ドクター ハウシュカのハンドクリームです。

スリムなアルミのパッケージがカバンの隙間にぴったり収まる、持ち歩きにぴったりな一本。さらに、利便性の良さだけではなく、中みも実に「持ち歩き」用にぴったりなんですよー。

現在は多種多様の「オーガニックコスメ」と呼ばれるブランドがありますが、中でもハウシュカは「先駆者ブランド」のひとつ。

1935年から自然原料を使用した製品づくりを開始。「バイオダイナミック農法」を実践し、現在に至るまで自社農場で堅実な製品づくりをしています。

ちなみに「バイオダイナミック農法」とは、簡単にまとめますと、人智学のルドルフ・シュタイナーによって提唱された有機農法・自然農法の一種です。

そんなハウシュカのハンドクリームは、さぞや保湿力の高い植物オイル成分満載で、かなりしっとりタイプなんだろうな~、と予想していたところ、裏切られました。笑

驚くほどさっぱりしてる!

成分表記をご覧いただけますか。エタノールが多めに配合されています。

塗布後あっという間に浸透します。慌てるほどあっという間です。笑

保湿成分が浸透して、表面の水分が揮発するような感覚は、エタノールの力が大きんでしょうね。塗布後の手は、油分でツヤめいたりなんてしません。即、マットに仕上がります。笑 何かを塗ったかのようには見えません。

さっぱりした使い心地です。高保湿力という実感は薄いのですが、まるでもともと餅肌のような見た目になる!

アーモンドオイル、ミツロウ、ホホバオイルなど保湿成分は配合されていますが、信じられないほどベタつきません。

塗布後1分もたたないうちに、スマホだろうとキーボードだろうと触れます。あ、もちろん、塗り過ぎない場合の話。

そして秘かに好きなのは、マッサージをするようにすり込んでいるわけでもないのに、手の甲に透明感が出るところ。

手が冷たくなると、どんよりと血色の悪い色になりがちなわたしの手の甲‥‥。それが、瞬時にパッ!と明るくなるので、とてつもなくうれしいです。

とにかくもう、ハウシュカは、とことん日中用ハンドクリームですね。夜こってり保湿をしたいわたしにとっては、就寝用ではありません。最後に香りについて。

わたしが感じるのは、イランイランを少し和らげたような香り。ほの甘い薬草っぽさを感じさせる香り。

ハウシュカ ハンドクリームの説明によると、香り成分の正体は、「リモネン、リナロール、シトロネロール、ゲラニオール、シトラール‥‥」だそうです。

いずれにしても、天然由来成分による香りです。素直に「いい香り!」というより、使っているうちにジワジワはまる香りです。笑
ジンジャーティーを飲んだ時のような、ジンワリほっこり。

ドクターハウシュカのクリームマスクも愛用中ですので、いずれレポートしますね。

タイトルとURLをコピーしました