ローションパックに最適な、SK-2 フェイシャルトリートメントエッセンス

SK-2

有名すぎるほど有名なお化粧水。

SK-Ⅱ(エスケーツー)フェイシャルトリートメントエッセンス

3サイズある中のいちばん大きい215mlサイズを使ってます。

使い始めてそろそろ1ヶ月。

コットンをひたひたにするローションパックがお気に入り!

スポンサーリンク

【全成分】ピテラ+防腐剤

SK-2

【全成分】
ガラクトミセス培養液(ギュウニュウ)、BG、ペンチレングリコール、水、安息香酸Na、メチルパラベン、ソルビン酸

成分数、少ないですねー。

それだけ、SK-2 ピテラが濃いと考えて良いでしょうか。

成分名だと「ガラクトミセス培養液(ギュウニュウ)」が、それですね。

防腐剤もいくつか入っていますが、それらはごくごくわずかだと思っていいのかな。だといいな。

シロウト考えだけど、「培養液」だから、それなりの防腐剤を入れないと、ビンの中で発酵が進んで別物になっちゃいそう‥‥(笑)

ピテラ誕生物語。なぜそんなに良いのか?

さて、フェイシャルトリートメントエッセンスですが、今さら言うまでもなく、ブランド誕生の第一号となったのがこちらですね。

1980年生まれです。

酒造所で働く杜氏さんの白く美しい手。その美しさのキーワードは「発酵」。

SK-2は、当時350種以上あった酵母から、肌への効果が高く安全性の高いものを探し当てました。

それが「SK-2 ピテラ」です。

ある酵母が発酵する際に生み出される成分。これは、人工的に作り出すことはできません。

そして、なぜそんなにSK-2ピテラがいいの?かというと、人の肌が本来持っている「NMF(天然保湿因子)」が自然含有されているから。

NMFが不足すると、肌のバリア機能が低下します。

バリア機能と保湿機能をアップさせるNMF

細胞間脂質の代表的成分「セラミド」とよくセットで登場する成分です。

SK-2ピテラには、そんなNMFはじめ、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、有機脂質、その他いろいろな美肌成分が含まれています。

・肌のキメ
・肌のハリ
・乾燥
・くすみ

など、気になるエイジング項目に働きかけてくれるというわけ。

納豆のにおいだけど人気者

SK-2

フェイシャルトリートメントエッセンスの最大の特徴である、におい。

最近でこそ発酵コスメが増えて来ましたが、これほど「納豆くささ」を前面に打ち出しているものはなかなかないのでは‥‥。笑

納豆を薄めたようなにおい。

良い香りではないのに圧倒的な人気なところが、すごいなぁ。

本当に効果があるってことですよね。

まあその‥‥、人間の奥底にある嗅覚本能には、良い香りだけではなく、クサいものにも惹かれてしまう、という事実があると言いますからね。

だから、フェイシャルトリートメントエッセンスが手放せないという人は、実はその臭い、匂い、のトリコになってる?と密かに思ってます。(こっそり独り言のつもりです)

わたしの場合、まだ匂いのトリコとまでは行っていないため、こちら、朝は使えませーん。

さあ今日も1日始まるぞ!という朝に、納豆の匂いを顔に塗りたくることができませぬ‥‥。

ローションパック+オイルでモチモチ肌へ

仕事から帰り、メイクオフし、疲れたお肌にフェイシャルトリートメントエッセンスでローションパックするのは好きな時間

パシャパシャなお水系なので、コットンへの含みもばっちりです。

ローションパックの手順はこんなかんじです。

①コットンにたっぷりひたひたに取り、パタパタとお肌をパッティング

②その後、再びそのコットンに足して、コットンを割いて、ローションパック

肌が乾燥してるなと感じる時には、顔に貼り付けたコットンの上からトポトポとフェイシャルトリートメントエッセンスを追加

これで、コットンの乾きを遅らせることができます。

そうすると、シートマスクや美容液の後のように、キメぷりっなモチモチ肌になれちゃいます。

あ、トポトポ追加するときは、顔を天井に向けて、エッセンスがこぼれないように足しましょう!

この後、2滴ほどのオイルでふたをするだけで、じゅうぶん肌がうるおったな、と感じることができます。

スキンケアのアイテム数を減らすため、こういう高機能な一品があると安心ですね。

個人的に、なんとなく吹き出物ができそうな時には使いません。

もともと、発酵コスメやキーワードが「酵母」のものはそういう時には使わないようにしています。

なんとなく、ニキビも育っちゃいそうなイメージがあって。笑

あくまで個人的なイメージなんですけどね。

SK-2のライン使いにトライします

SK-2

SK-2をライン使いしてみたくて、いくつかスキンケア製品をそろえてみました。

最近、スキンケアのSK-2率高いかな。

ひとつ使って気に入ると、同じブランドのアイテムにどんどん手を出したくなってしまう、いつものパターンです。笑

タイトルとURLをコピーしました