【2020年10月】プラチナVCセラムが 3,000円 ▶ 1,000円

WELEDA(ヴェレダ)のワイルドローズボディオイルで香りを楽しむ

Today’s beauty notes

大好きなオーガニック・コスメ、WELEDA(ヴェレダ)

ヴェレダは、1922年にスイスで生まれて以来、自己治癒力を取り戻すことができる製品づくりを続けている誠実な会社です。

ヴェレダのボディオイルと言えば、ホワイトバーチが有名ですけど、他にも秀逸な種類がそろっていて、どれもロングセラーばかり。

そんな中から、ローズの香りが好きなわたしが最近常備しているのが、本日ご紹介するワイルドローズボディオイルです。

【配合成分】
ホホバ油・アーモンド油・モスカータバラ種子油・ダマスクバラ花油・香料

ワイルドローズオイルは、保湿効果のあるホホバ油、不飽和脂肪酸を含み肌をやわらかくするアーモンド油がベースになっているので、お肌がしっとりします。

しっとりと言っても、ベタつきを感じるオイリーさはありません。

腕→足→ヒップ→おなかの順でオイルマッサージを終えたあと肌に触れると、指が肌の上でひっかかる、というか止まるんです。モチっとした肌触り

特筆すべきはローズの香り

ローズの香りは、女性ホルモンの分泌を促してくれる効果があります。

単に華やかな香りというわけではなく、女性がローズの香りをかぐとなぜか「女性らしい気分」になるのは、こんな体内の作用も関係しているのかもしれませんね。

ただ、アロマや香水など、ローズの香りには様々なタイプがありますが、メーカーによってだいぶ違いがあります。

代表的なローズの香りは、

  • 誰にでも好まれるようなある意味無難な香り
  • 甘さを前面に押し出した女子力アップしそうな香り
  • 草っぽさのあるナチュラルなオーガニック系の香り

あたりでしょうか。

ヴェレダのワイルドローズの香りは、とにかくとても素朴でナチュラル。ナチュラルと言ってももの足りなさがあるわけではなく、ほんのり甘さも備わっています。

香りの項目の3つめにあるような、ただ甘いだけではなく、草っぽさを感じさせるところがとても魅力的!

人工的ではなく、すっきりとしていてシンプルな香りが、飽きずに続けられる理由のひとつですね。

こんな女性におすすめ

  • こだわりの成分で作られているものが好き
  • ボディケアにもオーガニック製品を使いたい
  • 真のローズの香りを求めている

そんな方に、きっと喜ばれるボディオイルだと思います。

詳細はこちら▶ ヴェレダ ワイルドローズ オイル 【国内正規品】

タイトルとURLをコピーしました