【2020年10月】プラチナVCセラムが 3,000円 ▶ 1,000円

ジルスチュアート 香水が苦手だけど香りが欲しいなら、このボディミルクに決まり!

Today’s beauty notes

ジルスチュアートらしく、ものすごく乙女チックなルックス。ほぼ見た目で購入を決めた、ジルスチュアート ボディミルクです。

香りは、ジルスチュアートの香水やコスメに一環して共通している、甘さいっぱいのアロマティックホワイトフローラルブーケ

なかなか人工的な香りなのですが、それを不快に感じないのは、ブレンドされた香り全体に調和がとれているからかもしれません。

ちなみにジル・スチュアートは、こんな女性です。画像は公式サイトよりお借りしました。

Today’s beauty notes

知的美女といったかんじの女性ですね!

それでは、そんなジルスチュアートのボディミルクを見ていきましょう。

配合成分

マドンナリリー(根)エキス、ピオニー(ボタン)エキス、カミツレエキス、バラ花(センチフォリアバラ花)エキス、加水分解シルク、はちみつ、シュガー(グルコース)

ジルスチュアート ボディミルクを使ってみた感想

こちらのボディミルクは、クリームではなくミルクっぽいテクスチャーなので、スルスルと伸びは良いです。

塗り終えた直後はみずみずしい印象ですが、想像してたより(ごめんなさい) 保湿力があります!ボディクリームほどではないんだけど、乾燥肌のわたしでも満足できるくらいの保湿力です。翌朝までは残っていませんでしたが。

べたつかず、油膜感が残らないから、朝も使えます。

全身良い華やかな香り漂うボディになるので、香水代わりにもとてもおすすめです!

保湿と香り。一石二鳥なボディミルクです。

タイトルとURLをコピーしました